TP200next(サラブレッドプラセンタ200)の口コミレポート!39歳の主婦が細胞が生まれ変わるといわれる3カ月半、計107日間飲み続けた体験記録です。

TP200nextプラセンタ本当の口コミ【39歳の107日間レポート】

馬プラセンタ

馬プラセンタと豚プラセンタの違いについて調べました。

投稿日:2017年1月12日 更新日:


TP200を購入する前に、自分なりにプラセンタについて勉強してみました。
このページではプラセンタサプリ市場にある馬と豚のプラセンタの違いについて書いていきたいと思います。

馬の方が安全性が高い

馬プラセンタと豚プラセンタは、プラセンタエキスを抽出する動物が馬か豚かで決まっています。
そもそも牛や羊などの動物から抽出したプラセンタエキスは禁止されているので、流通しているプラセンタエキスは馬か豚かしかありません。
プラセンタとして品質が高いとされているのは、馬プラセンタです。
馬は豚より体温が高いので、寄生虫が付きにくいとされます。
インフルエンザにも感染しないので、予防接種も打っていません。
馬刺しのように人間が生食できるほどなので、化粧品に使っても安全性は確保されています。

化粧品に豚プラセンタを配合する時は寄生虫の心配のない安全な豚を使っていますが、元々豚肉は生で食べることができないので、安全性が高いのは馬です。
また飼育方法でも馬は優位に立っています。

馬の方が品質が高い理由って?

馬プラセンタに選ばれるのは、サラブレッドのプラセンタエキスです。
馬はデリケートな動物なので安全であると分かった食べ物しか食べないといった傾向があります。

その中でもサラブレッドは健康管理が徹底しており、農薬の影響がないエサを与えています。
馬プラセンタには余計な化学物質の影響が加わっていません。

化粧品としての性能も、アミノ酸が豚プラセンタよりたくさん含まれているという違いがあります。
豚プラセンタより1.5倍ものアミノ酸を含み、その中には豚プラセンタからは得られない必須アミノ酸もあります。

アミノ酸はコラーゲンの原料なので、豊富に含む馬プラセンタを使うことで肌にハリが生まれやすくなります。
ただし価格が安くて購入しやすいのは、豚プラセンタです。

馬は1年に1回しか出産することはなく、サラブレッドの数は限られています。

全てのサラブレッドに胎盤があるわけではなく、全体の4分の1にあたるわずかなサラブレッドからしか抽出できません。
1度に抽出できるのは3kgほどなので希少価値が高く、価格も高騰します。

豚は1年に10頭くらい産むことができるので、大量生産に向いています。
(TOP記事)⇒TP200nextプラセンタ本当の口コミ【39歳の107日間レポート】

-馬プラセンタ
-

Copyright© TP200nextプラセンタ本当の口コミ【39歳の107日間レポート】 , 2017 AllRights Reserved.